株式会社JALナビア

働く環境づくり|健康経営への取り組み

健康経営への取り組みWORK

当社は、社員の健康が企業発展と一人ひとりの幸せの基盤であると考え、全社員が心身共に健やかで働きやすい会社であり続けるために、「JALナビア健康チャレンジ宣言」を発表し、健康経営に取り組んでいます。

JALナビア健康チャレンジ宣言

 私たちJALナビアの使命は、JALブランドの体現を通じてJALグループ便をご利用されるお客さまの最初のタッチポイントとして、安心、安全で夢ある空の旅のお手伝いをさせていただくことです。

 この使命達成のためには何よりも社員の皆さん一人ひとり、そして皆さんを日々支えてくれる大切なご家族が心身ともに健康であることが欠かせません。

 私は敢えて「会社に行くと健康になる職場作り」という大変に高い目標を掲げ、今年度より新たに健康経営担当役員を任命しウェルネスナビアチームと共に、心身の健康を維持・向上できる仕組み作りに、以下の具体的な施策を通じてチャレンジします。

 健康な職場作りには社員一人ひとりの自発性も必要不可欠です。
健康は与えられるものではなく自らが作り上げるものという強い気持ちを持って、私と共にこの高い目標にチャレンジしてください。

株式会社JALナビア
代表取締役社長 高津 良彦

健康経営のための取り組み内容

  1. ウェルネスリーダーを推進役として、健康増進につながる社内イベントを企画、実施し、社員全員の健康促進活動に取り組みます。
  2. 婦人科検診受診率を健康診断の受診率と同水準にすることを目指し、予防への意識向上をはかります。また検診結果に応じ、適切な対応を促すようサポートを実施します。
  3. 健保組合が提供する健康プログラムの積極的な活用を促し、検診結果のフィードバックと改善に向けて具体的な生活改善を社員が自発的に取り組めるようサポートします。
  4. 保健師による定期的な面談機会を増やし、こころとからだの病気の早期対応に努めます。
  5. ワークスタイル変革に取り組み、健康で楽しく、毎日笑顔で仕事ができる明るい職場環境作りを実現します。